トップページへ


「フーテンの寅さん」が観たいっ!!

「久しぶりに寅さん映画が観たい!」 そう思う人って意外と多いようです。
ストーリーは単純で、ハラハラドキドキなんてないのですがなぜか観たくなるようです。
寅さんを観ていると理屈抜きで心をプラスマイナス「ゼロ」にしてくれますね。
寅さん映画には失ってしまったものがたくさん詰められているんですね。

人は心に原風景をもっています。
それは他の人は感じることができないありきたりの風景かもしれません。
しかし 当人にはなぜか心をくすぐられるものがあります。
この風景の中にいると理屈ではなく時代が何十年も遡ってしまうような風景。
子供時代や若い頃の記憶をフッとよみがえらせてくれる風景・・・・・。
意識的にそんな風景の中に入れる人はとても幸せです。
寅さん映画のように心をニュートラルにできるからです。
しかし心身ともに疲れすぎてしまっている人はなかなかニュートラルにはもどってくれません。

どんなに健康に気をつかっていても 病気になることがあります。
不摂生や無理を重ねることによって病気は起こってしまいます。
病気は「休みなさい」、「生活環境を変えなさい」という体内からのサインでもあります。
医学の発達で多くの病気は治癒できるようになりました。
大切なのは病気を根絶した後の回復していく力です。
正しいからだのバランスを持っている人は著しい回復力を見せてくれます。

ビオストラスを長い間摂っている人から「病後の回復力が早い」という声をよく聞きます。
薬や手術で痛んだ身体を平常に戻していくのは それまでに築き上げた身体の力が必要です。
「なんとなく調子が良いようなんだけどビオストラスは本当に効いているのかなア・・・」
という疑いを ビオストラスは病後の身体で証明してくれることがあります。
ビオストラスは常に身体をニュートラルにしようとしてくれます。
気がつきにくい生活の様々なシーンで支えています。