トップページへ


心臓の鼓動 聞いてますか?

ご自分の心拍数っておわかりですか?
心拍数は心臓が血液を送り出すリズム。あなたの健康のキーポイントとなります。
風邪をひいたり、アルコールを飲んだりすると身体に負担がかかるため10くらい上がります。
平常時、男性なら60〜70。女性なら65〜75くらいですね。
マラソン選手などは平常時30くらいの心拍数のようですから驚きます。
ほ乳類の生涯の心拍数は20億回と言われていますが 科学的根拠に欠けるため、あまりあてにはならないようです。特に人には。
では最高心拍数ってご存知ですか?
「その心拍数以上を続けていると危険ですよ」という心拍数です。
220から年齢をマイナスした数値があなたの最高心拍数になります。
例えば50歳の人なら220マイナス50で170となります。
年齢をひくだけなのでプロのスポーツマンも運動しない人も同じ数値になります。
「そんなことない。選手のほうが高いに決まってるでしょう」と反論が聞こえてきそうです。
ですが鍛えられた運動選手の心拍数は生半可な運動では上がっていかないんです。
この最高心拍数の65%から85%が身体にやさしく脂肪も燃焼してくれる心拍数となります。
50歳なら110から144、70歳なら97から127、高校生なら133から175。
この範囲で運動をすると うっすらジトーッと汗をかき体温が1〜2度上昇します。
体温が1度上がると免疫力がなんと5〜6倍にも跳ね上がります。
おまけに脂肪燃焼効率も12〜13%もアップするんです。
反対にその数値を超えて運動を続けてしまうと脂肪燃焼も行われず体内に不要な物質を作り出し活性酸素を作り出す元となる可能性があります。
普段 心拍数を気にして運動したり生活したりする習慣はなかなかありません。
ですが一度だけでもスポーツジムなどに行ってご自分の身体の動きと心拍数の関係を確かめてみてください。

ほど良い運動は免疫力アップのための最高の処方箋です。
ビオストラスとともに生活の基本にしてください。