トップページへ


イチブツ ゼンタイ とは?

食べ物を作る側のモラルがあきれるばかり低下しています。
牛肉、牛乳、うなぎ、お菓子、スーパーからケーキ店、はては一流老舗料亭まで・・・・・。
だましのオンパレードですね。
できるだけ安く作り、できるだけ高級に見せ、できるだけ高く売り、できるだけ利益を作る。
からだに良いものより、商売になりやすいものを・・・、食べる側より作る側のメリットを・・・。
信じるしかない弱い立場の消費者は ただただ怒りとため息だけ。

健康食品もあきれるばかりのブームが生まれそして去っていきます。
紅茶きのこ、アガリクス、さめエキス、コエンザイムQ10・・・・・etc.。
人間のからだの基本は数百万年変わっていません。
からだに影響を与えてくれる健康食品が突然簡単に生み出されるわけがありませんね。

生物はじつに絶妙な栄養バランスで生きています。
この体内バランスが崩れると病気になったり死んだりしてしまいます。
自然界の生物はたくみに栄養を摂り入れ、体内調整し、天寿を全うしていきます。

「一物(いちぶつ)全体(ぜんたい)」とは、命あるものはこの物ひとつで調和が保たれている。
丸ごと食べることでバランスよく栄養が取れる という事を指します。
自分勝手に判断し、単品の栄養をとり過ぎたりしないで 命あるものを丸ごと食べればあとはからだが判断し、良いように調整してくれますよという意味です。
ビオストラスは酵母菌という生きた微生物です。
生物ですから5大栄養素から食物繊維まですべての栄養素を絶妙なバランスで配合しています。
ひとつひとつは微量ですが毎日毎日続けることによって少しずつバランスが整っていきます。

人類より長い歴史をもつ酵母菌を毎日摂る。
とても贅沢な習慣です。
小さくても一物全体は確実にからだを作ってくれます。