トップページへ


健康で長生きする秘訣とは

イギリスの名門ケンブリッジ大学の研究チームがある研究をしました。
「どうすれば長生きできるのか」・・・・・と。
その結果を2007年、米国医学誌に発表しました。
研究対象者はイギリスの45歳から79歳までの健康な住民約2万人。
1993年から97年にかけて健康調査を実施し、2006年までの死亡率と生活習慣の関係を分析したようです。
その発表によると・・・・・、
4つのことを実行している人はそうでない人よりも14年も長生きできるということです。
しかも同年齢だと病気による死亡率が4分の1と低いそうです。
4つのことって何でしょうか?

@ タバコを吸わない。

A お酒はワインなら一週間にグラス14杯まで(毎日2杯とは言っていません)。

B 一日にこぶし5個くらいの野菜、果物をとる。

C 一日30分くらいの軽い運動をする。

以上の簡単? なことです。
どれもよく耳にすることですが具体的な「14年長生き」と「4分の1の死亡率」という数字であらわしたことにとても意義があるようです。
「長生き」も「健康で長生き」でなければなりませんね。

食に関するものはBの「野菜と果物をとる」でした。
あえて野菜と果物を指摘し、他の食品や栄養バランスのことは言っていません。
栄養のバランスよりもむしろ酵素が豊富であることを指摘しているような気がします。
「酵素の豊富な野菜と果物を摂ってください」・・・と。
ビオストラスは酵母が自ら育んだ酵素をもちます。
5つめの習慣としてビオストラスを摂ればもっと数値が上がっていくと確信します。
どうぞ長いお付き合いをお願いします。