トップページへ


何気ない怖さ。   添加物

右手の手のひらで左手の腕を軽く叩いてみてください。
ぴたぴたと・・・。
軽く、痛くならない程度に。
もちろん左腕には何の変化もないと思いますが、叩き続けたらどうなるでしょうか?
ほんのり赤くなって 少し痒みがでて やがてさらに赤くなって腫れてきます。
ここで叩くことをやめれば人間のからだは急速に復旧作業をはじめますね。
翌日には元に戻ってくれるパワーを持ちます。
人の手助けが必要な機械と違って人間のからだは素晴らしいですね。

では叩くことをやめないで叩き続けたらどうでしょうか?
赤い色が青くなり、やがて黒ずみ、パンパンに腫れ最後には組織が破壊されてしまいます。
こうなると2度と元には戻りません。
どんなに軽く叩いていても それがからだにとって刺激であれば 続けるうちに組織は破壊され自分の力では戻れなくなってしまいます。
こんな馬鹿なことを自らする人はいないでしょう。
痛いし、目に見えて悪化していく自分のからだの変化に気がつきますから。
でもこれが自分の目に見えない体内で痛みもなく行われていたらどうでしょうか?
毎日毎日気がつかずに少しずつ少しずつ刺激されていたら・・・。
気がつくと「復旧困難」、「復旧不可」

あなたを毎日少しずつぴたぴたと刺激している手のひらのようなものって何だかわかりますか?
それが食品に含まれる「添加物」なんです。
微量の添加物は毒ではありません。
厚生労働省も許可していますから。
でも食べ続けることによってからだの組織のある部分を刺激し続けます。
どこをどう刺激しているのかわかりません。
人それぞれの弱いところを刺激していきますから。
刺激が痛みに変化してくれればドクターに相談して治療ができますが その原因は現代医学でもわからないことのほうが多いはずです。ほんの少しの積み重ねですから。

この添加物に対抗してからだを元に戻そうといつも頑張っているのが「免疫」ですね。
このたくましく不思議な体内パワーを育てていくのはあなたの義務ではありませんか。

「添加物の多い食品を食べない。」そして「添加物に対抗してくれる免疫パワーを高めてくれるビオストラスを摂る」これを生活の基本としましょう。